FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本部直轄東住吉支部オープン!

6月7日(木) 本部直轄東住吉支部が完成オープンしました。
初日とあって心配していましたが、年少部3名、一般部8名の
11名の入会がありスタートしました。
そして堺支部より白蓮重量級チャンピオン山口翔大選手も駆けつけてくれました。
20120607173024.jpg

この道場は(有)誠幸の鈴木幸智会長が一階を道場、
二階を会社の事務所に改装し、提供していたたきました。
会長はじめ社員のみなさん、ご迷惑をかけありがとうございました。
20120607205433.jpg

稽古日
毎週、月 木 年少部18時~19時 一般部20時~21時30分
指導員は新極真会のウエイト制軽量級チンピオンの福地勇人
白蓮全日本重量級チャンピオンの内藤貴継です。
20120607172839.jpg


スポンサーサイト

仙台支部の稽古を再開しました。

3月11日の東日本大震災の影響で2ヶ月以上稽古を休止していましたが、
この度、「青葉区荒巻コミュニティーセンター」をお借りすることができ、
6月1日(水)より仙台支部として正式に稽古を再開しました。

若干名退会した拳士もいますが、久々に道場生全員が道衣を着て集まり汗を流しました。

荒巻コミュニティーセンターは、仙台支部スタート時に会場をお借りした懐かしい場所です。
震災後この場所で原点に返り、ここからもう一度始めるという事は大変意味のある事です。

状況は厳しいですが、振り返らず前だけを見て一歩づつシッカリと歩いて行こうと思います。

ご支援いただいた皆さん、まずは何とかここまで来ました。
困難な道ですが、仙台支部道場生みんな元気です。頑張ります。

最後になりますが、全国支部長の皆さんより44万円と言う多額の支援金をいただき心から感謝致します。
また、それとは別に個人的に支援金を送っていただいた支部長、道場生の皆さん本当にありがとうございます。
重ねてお礼申し上げます。

東北地区の復興に向け、道場生一丸となって精進してまいります。
今後も変わらぬご支援を賜りますようお願いを申しあげます。


山形支部・仙台支部
支部長 伊藤颯康

CIMG1940_R.jpg
CIMG1952_R.jpg




白蓮会館韓国支部発足

1月20日~22日まで
関西国際空港からソウル金甫空港へ飛び
イーテオンのハミルトンホテルで
白蓮会館韓国支部長になる、金済郁 師範と会った。

彼は1969年7月20日生まれの42歳で
幼い頃より跆拳道や合気道を修練し礼儀正しい律儀な
人柄です。身長も193センチ、体重97キロもある大男である。

大田道場(DAEJEON DOJO)、ソウル道場、論山道場(NONSAN DOJO)
があり、またヨンギン市においても道場を準備中である。

20110120133726.jpg
韓国総支部長金 済郁師範

20110120163342.jpg
大田駅周辺
20110120170047.jpg
大田道場

ジッダ日本人会祭り

貍疲ュヲ莨夲シ狙convert_20101224153547
貍疲ュヲ莨夲シ胆convert_20101224153847
白蓮カラテ・ジッダ同好会は、10月29日に開催された「ジッダ日本人会祭り」に於いてカラテの演武を披
露させて頂きました。
演武者は、廣川師範以下16名、基本の突き・蹴りに始まり、白蓮実戦の型1・2、
廣川師範による型「抜塞大」、組手2人掛けが披露された後、試し割りの演武となり、

トップバッター奥野拳士(日本郵船ジッダ駐在所長)が正拳による杉板割りを見事1発で成功させると、
これに続く、笛木颯拳士(少年部)、後藤拳士(伊藤忠商事)も正拳での板割りに成功、
熊崎拳士(日本人学校教諭)は前蹴り、高橋拳士(日本総領事館)は手刀、そして廣川友紀奈拳士(女子
部)は、踵落としと、
各人が試し割りに成功した後は、廣川隆秀拳士(少年部)による4方割りが披露され、

大取は、菱川拳士(ブリジストン・ミドルースト) によるバット折り・・・
菱川拳士は同好会スタート時からのメンバーで若手のホープ、試し割は初のチャレンジでありましたが、
見事下段回し蹴り1発でバットを粉砕、参集した約300名の観衆から大きな拍手を浴びました。
日本人会祭りには、在留邦人のみならず、サウジアラビアを始め、外国人の方も多く参加されており、
演武終了後は、外国人の方から、「何処でカラテを習うことが出来るのか、何歳からOKか」等の質問攻め
に会いました。
私は、4月からジッダ同好会で稽古させて頂いておりますが、
これまで武道とは全くの無縁であり、無我夢中で稽古に励んできました。
生まれて初めて体験する演武会は緊張の連続でありましたが、
改めて日本武道の素晴らしさを身を以て体験させて頂くことが出来ました。
今後も精進し、スキルアップに努めていきたいと思っております。

ジッダ同好会 女子部 依田奈緒美

白蓮ジッダカラテ同好会

杉原館長


4月14日、遂に、サウジアラビア王国ジッダ市において、「白蓮ジッダカラテ同好会」を
オープンさせるに至りました。
sauji.jpg


奇しくも、1年前のこの日は、私がサウジアラビアに向け、日本を飛び立った日であります。
日本人会の会員を対象に始めたカラテ同好会ですが、回を重ねるごとに、インド、バングラディッシュ、
エジプト、ヨルダン、パレスチナ等、外国人も参加する様になり、現在では国際色豊かな20名以上の
拳士が稽古に励んでおり、稽古に対するその真剣な姿勢には、指導している私自身が驚いている様な状態です。

私は、アラビア語が全く話せず、英語も堪能でないため、指導には四苦八苦しておりますが、
ブロークンイングリッシュと、身振り、手振りでコミュニケーションを取りながら、なんとか頑張っております。

私の当地での任期は残すところ2年ですが、在任中に、なんとか黒帯を輩出し、
その黒帯が各々の国に戻って白蓮カラテを広めてくれることを願い、
それを実現のものとするためにも、私自身、一から稽古し直すつもりで精進し参る所存です。


押忍

白蓮ジッダ空手同好会 廣川排




最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。